ある日のウィステリアN17 | サービス付き高齢者向け住宅|ウィステリア
MENU

各施設からのお知らせ

N17
ある日のウィステリアN17

2021.02.09

2月に入り、立春過ぎたにもかかわらず、容赦ない雪と寒さに凍えている今日この頃です。

前向きに考えれば、自動的にステイホームになり感染予防に貢献しているのでしょうか。

そんな中、男性職員は、、、

入居者様が歩きやすいように夜な夜な除雪作業していました!

投光器搭載のショベルカーを自由自在に操作し施設周辺をがんがん排雪していきます。早い!

でも、なんだか楽しそう。。。

そして、今年は寒さも厳しく、体にこたえます。

よくある映像ですが「一度はやってみたかったシリーズ第一弾!」

濡らしたタオルをぐるぐる振り回し、、、

30秒後にはこのとおり。カッチカチにタオルは凍ってしまいました。

この日の最高気温は-10℃。

職員のしてやったり感の表情がいいですね!

北海道の春はまだまだ遠そうです。。。

 

時は進み、2月2日、恒例の豆まき大会も今年は告知なしでひっそり「福は~うち」。

ばったり廊下で出会ったらそれは2021年ラッキーイヤーを意味します。

コロナ禍で寂しい思いをしている鬼さんも今年は仲良く仲間にいれてあげましょう。

その代わり、どうかコロナをやっつけてください、お願いします!

ウィステリアN17の何気ない日常の一コマでした。

(N/G記)